2009年08月12日

spangle








DL (6'43"/9.2MB)


サンプリングで曲を作る場合、僕の中では大きく分けて2種類の方法があって、ひとつは単音を方々から集めて来て組み合わせるやり方。もうひとつは単音であることにはこだわらず、フレーズを音符単位で切り刻んで並べ替えるというやり方(この2つを組み合わせることもあり)。今回の曲は後者のやり方で、 同じ曲から切り出したサンプルと、Apple Loopsから拝借したリズムの2種類の音源のみで構成。

よく考えてみると今の環境(OSX × Garageband)でこの方法では「you may be not EP」収録の“ftb”という曲を作っただけで、そういえばGarageband自体もそんなに使いこなしているとは言えないなーということもあり、あれこれ試しながら2ヶ月ほど期間をかけてゆっくり仕上げた。

新たな試みとして、今までは「高いの」「低いの」「ギター入り」「エレピっぽいの」程度で振り分けていたサンプルを、今回は1種類につき1トラックで振り分けてからミックス作業を進めてみたんだけど、作業が格段にやりやすくなったのでこれは今後も続けていきたい。ただ、これだけ細かく(最終的に合計100トラック近くになり、振り分けるのに骨が折れた…)分けないと周波数特性がどうの、みたいなことが耳で理解できないということは、それはそれで致命的な問題でもあるような気もするが……。


chosen samples, edited and mixed by tmsgksk
posted by tmsgksk at 04:04| ケーエスケー